誰のために、女である私が綺麗になるのだろうか。 やはり、華やいでいたいものが人生で、暗闇に逃げたいのも私の人生。 小さな小さな言葉たち。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/24
逃避
それが私の二十歳の原点である、と、
鉄道自殺した人は書き残しました。
ちゃんちゃん。

読んでてやられてしまうけれど、
先人が残した遺書の教えをきっちり学び、
けど高野悦子は孤独に押し切られてしまって、死んでいった。

もうすぐその歳になる。
学生とは?
その真意に捕らわれるけど、これは重い現実。
彼女は、何もかも抱えすぎた気がする。

私は人並み以上に大人に見えます。
ほとんど誰も否定はしない。
別に周りの子みたいに、十代を惜しんだりしてないから、そのせいなのでしょう。

けれ、ども、

あなたと私を繋ぐもの。
今日ソラリスがやっていました。
リメイク版のほうだけど。

あなたと私を繋ぐもの。
映画。
タルコフスキーとアレン。
ええっとそれから、
アイリッシュバーとウィスキーの入ったお酒。
レリーフ。

冬の盛りに約束した。
「先生、春になったら一緒にお酒のみましょうね」
彼は拒否したが。
いつか、駅前を歩いて帰ったとき、お疲れ様メールで、
「いつの日か」
という文章。
いつの日か、そのうち、それを期待する私は、
まだまだ子供だと思うんです。

ごめんね、
でももう誰にも内緒にしておくから、
今日寂しがり屋の小鳥を冷たくしたのも、事実、
あなたは私の逃げ道なの。

彼は、
ええ、
彼を想うのもまた逃避なのかもしれない。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

ソラリス
ソラリスソラリス*Solaris。サン・マイクロシステムズ|Sun Microsystemsが販売しているUNIX系OSの商標。*スタニスワフ・レムのサイエンスフィクション|SF小説『ソラリスの陽 [続きを読む]
心の記録 | 2007/01/26(金) 03:18
Copyright © 2005 眉山.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。