誰のために、女である私が綺麗になるのだろうか。 やはり、華やいでいたいものが人生で、暗闇に逃げたいのも私の人生。 小さな小さな言葉たち。
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/28
言葉は光に
光を閉じ込めてシャッターを切る。

恩師の知人の写真家が優しく、

「土と火と風と水。
 自分の手の思惑を越えたものがどうしても絡んでくる。
 焼き物は全的な立体写真ですかね」

私は今は人の優しさが怖い、な。

時は平面に
時を閉じ込めてシャッターを切る。

陶も同様。
土の命の時間を永遠にする。

私が陶がすきなのは、あたたかい陶のきもち。
ああ、それは、母に似たノスタルジー

****

祭りが終わった。
フェアウェルパーティーの終わり。
彼らはその時間を楽しむ、そして得る、体験として。

「出会いはたくさんあって数え切れなくあたふたしてしまうが、
 別れはただ悲しいです」

家具職人がぽつりと呟く。
黒海に近い国からの陶芸家を一ヶ月集まっていた。


エイサの音楽が聞こえる。
ゆっくりと身体を乗り出した老人。

この町至っての変人。
また陶の世界では偉大な方。

白い麻の服を身に纏い、ゆらりゆらり踊る芸術家。

私と陶芸家の友人は軽く笑って。
「これが天才なんだよ」と。
「君もそんな初代の陶芸家をきづくのか」
私は苦笑い。

手に負えない芸術家。
昼間は、他国の陶芸デモンストレーションに、
陶芸ジャックだ、と。
ほぼ芸術家ワンマンショーになってしまった。

白い麻の服を身に纏い、ゆらりゆらゆら芸術家。

ええ、フィナーレ。

みなよ、踊れ。
多国籍の集団。
もしかしたら、宇宙人がいるかもしれない。
私もゆっくり、ゆらりゆらゆら小鳥が踊るの。
脳裏に恩師の影を見出しながら。

*
2次会では、恋のお話。
感じるのは二人の男の視線。
ある女性に言われる。
「ヒースちゃんは、ミステリアスよね」

やはりここでもか。

二次会で大笑いして。
亭主関白主義の男に「今度食事でも」と誘われる。

ああ、小悪魔ね。
番号だけ渡しとく。


Dr.Y
あなたのいない夏が終わったわ。
私はまた逞しくなったのよ。
今の私をあなたにみせたいのだけど。

私はただ不在と忘却の罪深さを想うばかり。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

今晩は。
ある人のことを思い出しました。
過剰なほどのコトバを持った女性でした。
[URL] 2007/08/28(火) 22:18 [EDIT]

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
みんな の プロフィール [URL] 2007/12/04(火) 07:42 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 眉山.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。