誰のために、女である私が綺麗になるのだろうか。 やはり、華やいでいたいものが人生で、暗闇に逃げたいのも私の人生。 小さな小さな言葉たち。
05 * 2007/06 * 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/22
MaMaのため
影響されやすい私。

母にいつものように「綺麗だね」と告げる朝。

昨日の夕暮れは、「シゴトのデキル男なんて嫌い」と大学の向日葵に愚痴。

向日葵もつまらなかったみたい。
アイスコーヒーの氷、からからしっぱなし。

愚痴を言うのは、カッコヨクないね。

昨夜は寝ぼけてて、彼からデンワ。
彼は今日実父の付き合いで、京へ行く。
お土産はやっぱりお菓子がいい。
一緒に食べよう。

ワタシはワタシのまま。
泣き言なのだ。
「コトバってわからない、声を亡くしてしまうの。必要なくなってしまう。日本語がおかしくなるの。」
なにがしたいの?
「ずっとずっと本を読んでいたいの」

やっぱり健常なトゥエンティーじゃないのよね。
これもこれで当たり前の子か。

UAじゃないけど、コトバさえなければ。

「さようなら、ギャングたち」を読み終えて、
なんとなく読みかけの、「地下室の手記」を取り出したり。

Mornig call
いってらっしゃい。
そういえば、帽子ありがとう。色んな人に似合うねって言われます。

やはり母に、今日もかわいいね、と告げる朝。
スポンサーサイト
06/15
ヴィンテージ
母のお下がりのジャケットと鞄。

病み上がりの今朝は雨から曇りへ。
あと鞄に入れたいのCDウォークマンとOLINPAS PEN
いつもいつも鞄が重たくなる。

今夜は、美術館へ行って。
新しいクロッキー帳と新しい鞄を買いにいきましょう。

お洒落好きなお姉さん、思い出すな。
私は全てヴィンテージでいいのだけど、
母に似ないため、香水をつける。
新しい香水も欲しいな、古臭い甘い香り、笑われるかしら。

早朝にふっと目が覚める。久しぶりのこと。
今日は何も期待しない日。
Copyright © 2005 眉山.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。